MENU

"薄毛と聞くと多くの方が中高年以上の男性が引き起こす症状だというイメージが強壮のですが、10代や20代といった弱年年齢で生じることがあり、ボリュームが減ったどころではなく地肌が見えているという典型的な若はげに悩まされるケースもあります。発毛や育毛を直接的に行うのではなく、短くなったヘアサイクルを正常な状態に戻してくれるため、新陳代謝が活発なヤングエージ世代ほど効果が屹々と言われているのかもしれません。

 

フィンペシアの服用によって5留リダクターゼ(還元酵素)が阻害され、男性ホルモンのテストステロンが薄毛の原因を作り出すジヒドロテストステロン(DHT)に変換されるのを防いでくれるため、若はげに効果が高峻と考えられております。この若はげの治療に効果が屹々と言われている方法がフィンペシアの服用で、2005年に厚生労働省に認可されてから時間が経過したので、一度は耳にしたことがあるはずです。

 

若盛り年齢なのにも関わらず薄毛や抜け毛といった症状が進行することを若はげと呼び、思春期以降に頭頂部や前頭部のどちらかまたは両方がだんだんと薄くなっていきます。"